パーソナルトレーニングジム

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップの違い。パーソナルトレーニングジム(プライベートジム)の内容や料金を比較してわかったこと。

更新日:

fincfit有楽町店の店内
「パーソナルトレーニングジムといえばライザップが有名だけど他のジムとどう違うの?」
「FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)はライザップよりトレーニング回数半分だけど痩せられる?」

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)って公式サイト見てもいまいち内容が分かりずらいですよね。自分も無料体験受けるまでは違いが分からなかったです。

結論から言うとFiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)は痩せられます。しかも糖質制限無し、1日3食食べて高負荷な筋トレなしで。

今回FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップの違いを比較して解説します。

 

 

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップの基本比較。料金やトレーニング回数の比較

FiNCFit BDP(ボディデザインプログラム) ライザップ
料金(月額) 228,000円
(2ヶ月分)
348,000円
(2ヶ月分)
トレーニング回数 2ヶ月8回 2ヶ月16回
トレーニング内容 筋トレ無しの運動・コアトレーニングメイン マシンを使った筋トレメイン
専門家の食事指導 あり あり
食事指導の内容 糖質制限無しの1日3食食べて痩せる内容 糖質制限(1日50g以下)
サポート商品 パーソナルサプリメント
ファスティングドリンク
スムージー
オリジナルハーブティー
筋膜リリーススティック(トレーニングで使うものと同じ)
(追加料金無しでコース内容に含まれる)
プロテイン・サプリメントなど(別料金)

パッと見分かるのは料金が2倍ほど違います。パーソナルトレーニングジム業界の中でもライザップは高めであります。

料金以外での最大の違いはダイエットメニューの方針の違いです。ライザップは短期間に筋肉をつけてストイックに痩せるプログラムになっています。

一方FiNCFitは食事改善+運動で痩せるプログラムになっています。

おそらく減る体重の量と筋肉の量ではライザップの方が上です。ただFiNCFitは糖質制限無しで緩やかに痩せる関係で継続しやすく、コース完了後もリバウンドがしにくくなっています。

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップのトレーニングメニューの比較

  • FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)→筋トレは基本無し。「ViPR(バイパー)」を始めとする最新のトレーニングメニュー
  • ライザップ→マシンを使ったバーベルなどの高負荷な筋トレ

FiNCFitはパーソナルトレーニングジムでは珍しくマシンを使った筋トレを基本的にやらないジムです。

一般的には筋トレをして筋肉をつけて痩せるジムが多いです。ただFiNCFitは実生活で使える身体を作った方が痩せるとの考えから「ViPR(バイパー)」を使った最新のトレーニングメニューでの運動をメインにして、姿勢改善や筋膜リリースによる肉体改造を行います。

fincfitのviprとトレーナーさん
↑筒状の棒がViPR(バイパー)。これを担いだり握って左右に振ったり、軸にして運動します。

一方ライザップはご存知の通り、ラックにマウントされたマシンを使った高負荷な筋トレがメインです。筋肉をつけて基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい身体にして痩せるのが目的。

どっちが正解というのはなく、どっちでも痩せられます。強いて言えば筋トレの負荷が高く、後述する1日50g以下を目指す糖質制限をするライザップの方が痩せやすいですね。

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップの食事メニュー(食事制限、糖質制限)の比較

  • FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)→糖質制限無し、1日3食食べて痩せる
  • ライザップ→糖質制限あり(1日炭水化物50g以下)

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)では糖質制限を取り入れていません。食事制限より1日3食食べても痩せられる食事を継続して痩せる、食事改善がメインです。

一般的なジムでは糖質制限、または食事制限が多いですがコース中はともかく完了後、自分一人になったときに極端な食事制限を維持できるか?というと難しいと思います。

で痩せたのにリバウンドする人が多い。なのでBDPでは継続できる食事で痩せる方法を取り入れています。

なのでFiNCFitに申し込む人はダイエットしたい人以外に摂食障害などで食事改善、指導を受けたい人もいます。

食事改善と合わせてサプリメントやスムージーなどの食事サポートメニューがつくのも特徴です。これはトレーニング後と自宅用両方で貰えます。

fincfitのトレーニング後のサプリ、スムージー、プロテイン
↑トレーニング後は脂肪燃焼したい、筋肉つけたい、疲労回復したいなど要望にあったオリジナルメニューでサプリメントとスムージーを作ってもらえます。

一方ライザップは食事制限、特に糖質制限がメインです。しかも基本0gを目指す強い負荷の糖質制限です。実際は食材に糖質が少しずつ含まれるので合計50g以下になるように調整します。

ご飯やパンや麺類などの炭水化物はもちろん、糖質を多く含む人参などの根菜類も食事メニューから外すほどストイックです。

ライザップも専用のサプリメントやプロテインのおすすめがありますが、こちらは料金に含まれておらず、追加で支払いする必要があります。

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップはどちらが痩せる?コース完了後のリバウンド可能性について

どちらが痩せるかというとライザップですね

単純にトレーニング回数がFiNCFitの2倍。食事改善でなく1日50g以下の徹底した糖質制限。

そりゃライザップの方が痩せます。また筋肉がつくのも筋トレメインのライザップでしょう。

ただコース完了後のことを考えるとFiNCFitの方が良い点もあります。それはライザップのダイエットメニューはかなり極端・高負荷でやってるので減量後一人でそのメニューを維持できるか?と言うとかなり難しい気がします。

ライザップといえば芸能人が短期間で劇的に変化したCMで有名ですが、中にはコース完了後リバウンドした人もいます。

筋トレはともかく炭水化物を1日50g以下に抑える生活はかなりキツイです。実際はコース完了後はもっと緩い制限になるのですがそれでも食事制限の継続は辛いです。

一方FiNCFitは1日3食食べて糖質制限がないのでコース完了後も体重を維持しやすいというメリットがあります

体重の減りは緩やかですが継続しやすいのはFiNCFitです。

FiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)とライザップのメリット・デメリット。向いている人について

まとめると

◆ライザップ

  • 短期間で一気に体重を減らせる
  • 筋トレがメインなので筋肉が付き魅せられる体になる(特に男性)
  • ムキムキになれる
  • 極端な糖質制限をした分、コース完了後リバウンドしない管理が必要

◆FiNCFit

  • 短期間で糖質制限なし、1日3食食べて痩せられる
  • 「ViPR(バイパー)」を使った運動がメインなので引き締まった体になる
  • 引き締まった女性らしい体になれる
  • 糖質制限無し、1日3食で痩せるメニューなのでコース完了後も継続がしやすい

という感じです。

またFiNCFitのBDP(ボディデザインプログラム)は入会前にカウンセリングだけでなく1日分の無料体験トレーニングを受けられます。

なのでまずは試してあっているかを確認するのがおすすめです。

 

 

自分も無料体験を受けて初めて他のパーソナルトレーニングジムとの違い、これなら痩せられそう、ということが分かりました。

【関連記事】FiNCFitの1日無料体験・カウンセリングを受けて分かった他のジムとの違い。パーソナルトレーニングコースで誤解してた内容【料金、ダイエットの評判や口コミ】

管理人いのっちからのお知らせ

管理人からのお知らせコーナー

【緩募】ボルダリング一緒にやる人を募集します!

「ボルダリング興味あるけどやる機会がない・・」そんなことはありませんか?やったら絶対面白いですよ!ということで今回仲間を募集します!

場所は秋葉原B-PUMPに行くことが多いです(広いので)

初心者、経験者関係なく大丈夫です!(ちなみに自分は今3級あたりです)

こんな人にオススメ!   
  1. ボルダリングに興味あるけど一緒に行ってくれる人がいない人
  2. ボルダリング通じて出会いが欲しい人
  3. 一緒に上達できるボルダリング仲間が欲しい人

一緒にボルダリングしましょう!申込みはツイッターのDMからお願いします。

-パーソナルトレーニングジム

Copyright© ぷれすた|ボルダリング上達のコツや健康・ダイエット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.