旅行

【旅行記】北海道利尻島の旅!レンタル原付きで島1週してきました!

更新日:


いのっち(inopon4372)です!

6月に4泊5日で北海道旅行行ってきました。

札幌→利尻島→礼文島→稚内

って感じ。ずっとブログに書きたかったのですがようやくかけました。今回は利尻島です。

多分利尻島行きたくても情報が少なくて困ってる人もいると思うので参考になればと思います。

【関連記事】【旅行記】北海道礼文島の旅!レンタル原付きで島1週してきました!

そもそも利尻島って?稚内の左にある島


そもそも利尻島がどこにあるかというと

稚内の左にある島2つの丸いほうです。もう1つは礼文島(れぶんとう)です。

日本の最北限にあるため標高0mでも高山植物が咲くなど観光地としても有名です。6月が観光シーズン。

利尻島の行き方

大きく分けて2つあります。稚内からフェリーで行く方法と飛行機で利尻空港に飛ぶ方法です。飛行機は新千歳空港か丘珠(札幌)空港から出ています。

移動手段 時間 料金
稚内からのフェリー 1時間40分 2,240円(2等客室)
新千歳空港からの飛行機 1時間ほど 2万2千円ほど
丘珠(札幌)空港からの飛行機 1時間ほど 1万6千円ほど

またフェリーの場合、利尻島の港は鴛泊(おしどまり)と沓形(くつかた)港の2箇所あります。(時間によってどちらの港に行くか違う)

基本は鴛泊(おしどまり)経由が多いのですがこの2つの港は原付きでも20分ほど離れているのでホテルの予約などは注意が必要です。

ハートランドフェリー

利尻島の行き方。どの移動手段がおすすめか?

自分の場合前日に札幌で予定があったので「丘珠(札幌)空港からの飛行機」を使いましたがおすすめは稚内からのフェリーです。

  • 飛行機は(新千歳、丘珠それぞれから)1日に1本だけ。14時頃に着く
  • フェリーは朝7時発の便(9時ごろ着)がある
  • 飛行機は意外と予定時刻から遅れることが多い

理由は朝一で出て午前中に利尻島に行けるので初日の滞在時間が長くなるからです。また次に説明しますが島の移動手段はバスやレンタカーやレンタルバイクが必要になります。

いずれの手段も鴛泊港に店やバス乗り場があるのでフェリーで鴛泊港だったりします。(ついてすぐレンタルできる)

一方飛行機は1日に1本しかなく、利尻島着が14時以降になります。自分の場合飛行機が遅れて15時頃着でした。

そうすると初日の日が暮れるまでの活動時間は6月だと3時間ほどになります。レンタルバイクなら島1週2時間もあれば大丈夫なので回れますが、余裕を持つならフェリーで朝一来るのがおすすめです。

とはいえ地方から北海道まで飛行機乗るので初日は来るだけ、観光は翌日と言うなら飛行機でも全然おっけーです。

ちなみに利尻空港から鴛泊港までは車で10分ほどかかります。(意外に距離がある)

また利尻島の殆どの旅館、ホテルに共通することでお願いすれば空港まで迎えに来てくれます。

利尻島の移動手段と回り方

まず知っておいてほしいことがあります。

  • 利尻島は利尻山を中心とした周囲63kmの丸い島である
  • 走れる道路としては周囲55kmほどあり、道路沿いで島一周できる
  • 島を観光するなら何らかの移動手段が必要

ということです。

で移動手段はというと

移動手段 島1週あたりの時間 料金
観光バス 3時間半コース 3300円
路線バス 1時間20分ほど
レンタカー 1周だけなら1時間ほど 4時間7000円(1時間毎プラス1000円ほど)
レンタルバイク(原付き) 2時間ほど(時速30km) 1時間1000円(1日3500円)
レンタルバイク(自転車) 3~4時間かかりそう 1時間400円(1日1500円)

こんな感じです。家族連れならレンタカーか観光バス。少人数か一人なら観光バスかレンタルバイクって感じですね。

ちなみに自分の場合、レンタルバイク(原付き)を借りて主要な観光場所を見て島一周して3時間でした。

観光バス

決まったコースを定期的に走る観光バスで回ります。観光地点で止まって見てバス戻って・・ってやつですね。

事前予約が必要になります。また当日の乗車券購入&乗り場は利尻鴛泊フェリーターミナルになります。

http://www.soyabus.co.jp/teikan

気軽に主要な観光地を回れるのがメリットです。

デメリットはツアーみたいな感じなので1箇所にいる時間が決まっている、主要な観光地には行けないなど自由度が少ないことですね。

また朝と午後の1日2回しか走っていないです。最初観光バスで回ろうかと思ったのですが飛行機だと15時着で午後の観光バスが14時半出発。

全然間に合ってなくて諦めました。

路線バス

いわゆる普通の市内バスです。1日5本しかでてない(しかも2~3時間おき)、降りたら足がなくなると観光向きではないですね。

レンタカー

家族連れならレンタカーが1番だと思います。

鴛泊港の真ん前にレンタカー屋が並んでます。

  • ニッポンレンタカー
  • トヨタレンタカーリース
  • その他地元のレンタカー屋さん

ちなにフェリーは車ごと乗ることも可能なのでマイカーで回るのもやろうと思えばできます。

レンタルバイク(原付き、自転車、中型)

個人的おすすめNO1です。島の海風が吹く中スピード出して走るのはめっちゃ気持ちよかったです。

多分利尻島のレンタルバイク屋は1箇所だけで鴛泊港の真ん前にあります。

ちなみに雪国って旅館があるのですがそこが運営してます。

http://ryokanyukiguni.com/?page_id=46

人がいないときもありますが(普段は旅館運営してるので)書いてある電話番号に連絡すると5分ほどで来てくれます。(港から見えるとこに旅館がある)

ちなみに無保険です。任意加入とかじゃなく保険という概念がありません。(なので事故らないでね!慣れてる人が乗ってね!って書かれてます 笑)

営業時間はAM8:00~PM5:00となっていて基本は当日中返却ですが確かプラス1000円ほどで夜も使えるコースになります。

ちなみに繁盛期はレンタルする人が多いそうなので念の為予約したほうがいいかもしれないです。(特に原チャ)

  • マウンテンバイク
  • ママチャリ
  • 50ccスクーター
  • 100ccスクーター二人乗り用
  • 90ccカブ 二人乗り用

があります。

利尻島のおすすめの泊まる場所(旅館・ホテル)

自分の場合楽天トラベルで探しました。で最初は安いとこ見てたのですが先の「雪国」にしました。

実は雪国の予約プランに1日原付きプランというのがあって、それが13500円ほどだったので原付き借りるならお得だなーと。原付き1日レンタルしたら4000円ほどかかるので。

あと食事が朝・夜付いてるのですがめっちゃ美味しいです。利尻の海鮮とか名物がでてきます。(海鮮+うにといくらが出てきた、写真は体験談の方で載せます)

鴛泊港も歩いて5分ほど。利尻空港の送迎あり。温泉、部屋きれいと多分ここが1番おすすめできます。

値段も1万ほどと朝食・夕食付き離島の旅館・ホテルとしてはいい感じです。

利尻島の食べる場所、コンビニについて

利尻島は食べる場所が意外と少ないです。鴛泊港近くでもです。

ちなみに利尻には利尻らーめん味楽というミシュランに載ったラーメン屋があります。

https://r.gnavi.co.jp/n1d80ddw0000/

行きたかったのですが利尻を出るまで礼文島にあると思ってたのと、旅館の食事があったことからいけませんでした。(翌日礼文島渡って場所調べて!?!?!?!?(場所利尻じゃん!)ってなりました)

ちなみにコンビニはセイコーマートという北海道ではメジャーなコンビニがあります。利尻島は3箇所ほど見かけました。

ただ注意として鴛泊港近くにはなくて、車で10分ほど走らせないと行けないです。なので夜ちょっと歩いてーはキツイです。

利尻島の注意点。気温や服装

その他利尻島の注意点です。

6月でも夜は意外に冷える

昼は日がさすと20度超えますが、夜は6月でも10度近くまで下がります。(革のジャケット来てても少し寒いくらい)

なので上着は持っていったほうがいいです。半袖は危険

利尻富士は往復8時間位かかる

利尻島の中心には利尻富士がありこれに登る人もいると思います。自分も最初は登ろうと思ってました。

ただ利尻富士は往復で8時間ほどかかります。朝一登って夕方降りてくるイメージです。高尾山にちょっとハイキング行くくらいで行けるかなーと思ってましたが全然違います。

あと6月時点だとまだ雪降ってる日もあるそうで気温や防寒、雨対策は必須になります。

利尻島はウニと昆布が有名

昆布とウニです。利尻昆布が有名ですね。

でウニがなぜ有名かと言うと、ウニは昆布食べるのですが利尻昆布食べてるので他のウニより美味しくなるのです。

利尻島原チャ1周の旅

利尻島行くのに丘珠(札幌)空港へ。今回の旅で初めて札幌に空港があることを知りました。


↑1日に1本しか出てない利尻空港行き。30分ほど遅れました。


↑利尻空港到着直後。利尻富士がよく見えます。


↑鴛泊港で原付きを借りていざ爆走!





利尻島を走ればうみねこにあたる

利尻島はとにかくうみねこが多いです。島のどこでも飛んでるイメージ。





↑ヒグマが海を泳いで上陸したそうです。ちなみにこの夜ニュースで「監視カメラが利尻島でついにヒグマを発見!」とピンポイントなニュースしてました。

白い恋人のパッケージ画像となったオタトマリ沼

北海道の有名なお菓子で白い恋人があると思いますがあのパッケージになったのがこの利尻富士です。ちなみに撮影場所は白い恋人の丘と呼ばれているのですがいつの間にか通り過ぎてました。





























↑沓形港







旅館雪国


思った以上に豪勢で驚きました。ウニもいるし。




↑鴛泊港

ここが凄いよ利尻島!

  • 海が綺麗&海風気持ちいい!
  • いつまでも漁村の広がるのどかな風景!
  • 夏でも涼しい!
  • クマが本島から泳いでやってくる!

島旅行って言うと西表島とか石垣島など沖縄方面行く人が多いと思いますが、北海道方面の島もおすすめです。涼しいし。

管理人いのっちからのお知らせ

管理人からのお知らせコーナー

【緩募】ボルダリング一緒にやる人を募集します!

ボルダリング仲間を募集します!

場所は秋葉原B-PUMPになります!(広いので)

初心者、経験者関係なく大丈夫です。(ちなみに自分は今3級あたりです)

一緒にボルダリング行く方はツイッターのDMからお願いします!

こんな人にオススメ!   
  1. ボルダリングに興味あるけど一緒に行ってくれる人がいない人
  2. ボルダリング通じて出会いが欲しい人
  3. 一緒に上達できるボルダリング仲間が欲しい人

-旅行

Copyright© ぷれすた|ボルダリング上達のコツや健康・ダイエット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.